白髪染めシャンプーってどうなの?8ブランド15色を比較-おすすめ商品と活用法まとめ

今すぐ白髪染めシャンプー比較表を見る

「白髪染めシャンプーってどんな印象になるの?」
「聞いたことはあるけど、実際の仕上がりがイメージできない_(´・_・`)」
「オススメがあるのなら教えてちょーだい!!」

毎日のシャンプーで、白髪を徐々に色づけていく「白髪染めシャンプー」。
シャンプーに白髪を染めるための着色成分が入っていて、お風呂で使うことにより、白髪を徐々に色づけていくアイテムです。

とは言うものの、慎重に商品選びをしないと満足のいく結果にならない可能性もあります。
主な理由は2つ。

1つは、そもそも白髪染めシャンプーは染める力の弱い白髪染めであること。
もう1つは、染める力が弱いながらも、ブランドによって染まり具合に差があること。

ねーさんねーさん

中には、ほとんど染まらない白髪染めシャンプーもあるんです。
そしてそれは、テクスチャーの色で、ある程度判断することができます。

※本編では染める力を独自評価!



そんなわけで、このページではテクスチャーはもちろん、白髪染めシャンプーのブランド別の染まり具合や、実際に使ってみた実体験を元におすすめ商品をご紹介♪

自然に白髪を目立たなくするための商品選びのお手伝いができれば幸いです。

ニャーオニャーオ

現時点で検証済みの白髪染めシャンプーは以下の8ブランド。
各商品の特徴を先にチェックしたい場合は、写真をクリックして下さい。

白髪染めシャンプーってどんなもの?特徴とメリット・デメリット

冒頭でもお伝えしましたが、白髪染めシャンプーは「シャンプーをしながら白髪を色付けていく」アイテム。
今使っているシャンプーを、白髪染めシャンプーに替えるだけで、徐々に白髪を隠すことができます。
普通のシャンプーに、白髪を染めるための着色成分を足したようなイメージ。
日々のシャンプーで白髪を徐々に色づける仕組みです。

白髪染めシャンプーのテクスチャー

そんなわけで、白髪染めシャンプーのテクスチャーは、基本的に黒っぽい色。
通常のシャンプーは透明だったり、乳白色だったりしますが、白髪染めシャンプーを使う場合は、黒いテクスチャーでシャンプーすることになるんです。

ミャーオミャーオ

ってか…これって大丈夫なの?
ちょっとグロテスクな感じがするんだけど…

ねーさんねーさん

私も最初は驚いたんだけどねぇ。
ただ、あんまり心配する必要はないわね。

ニャーオニャーオ

慣れるからっスか?

ねーさんねーさん

それもあるんだけど、実際に泡立てると泡自体は結構白っぽくなるのよね。
これは、白髪染めシャンプーに配合されてる着色成分が白髪に付着するからだと思うんだけど…。
髪の毛で泡立てて白髪に染料を浸透させて、白っぽくなった泡で頭皮を洗えば気にならないはず。

白髪染めシャンプーの「染める力」は、白髪染めアイテムの中でも最弱です。
テクスチャーの色が濃くても、頭皮やシャンプーをする手が真っ黒に染まるなんてことはありません。

手にとったときには「えっ…マジ?」と思うかもしれませんが、泡立てると白に近い色になります。
これは、髪に塗って泡立てている間に、着色成分が髪に付着するためです。

着色成分についての詳細を表示する
白髪染めシャンプーに使われている着色成分は、ブランドによって異なりますが、大きく分けると以下の3つです。

■白髪染めシャンプーに使われている主な着色成分
塩基性染料 傷んだ髪のマイナスイオンにプラスイオンが結合して染色。
イオン色素などとも呼ばれる。
簡単に言うと、髪の外側を着色する成分。基本となる染料です。
HC染料 キューティクルの隙間に浸透。
ナノ分子カラーなどとも呼ばれる。
簡単に言うと、髪の隙間に入り込む成分。補佐的な染料です。
天然染料 天然の植物などから色素を抽出したもの。

白髪染めシャンプーの中には、天然の着色成分をウリにしている商品もあります。
ただ、その場合も100%天然というわけではなく、他2つの着色成分も使われているケースが多いです。

ねーさんねーさん

一概には言えませんが、上記3つの着色成分を全部使っている商品の方が染まりは良いし、人気があったりします。逆に、安い商品だと塩基性染料だけ…という傾向が強いです。


ニャーオニャーオ

とにもかくにも、シャンプーの途中で髪に色素が定着しているわけっスね。

ミャーオミャーオ

あ、着色成分の名前とか…覚える必要ないですからね?
「あ~そうなのね~」って感じでOKです。

※手のひらだけで泡立てた白髪染めシャンプーのテクスチャー

濃い色のテクスチャーを、(髪につけずに)手のひらだけで泡立てると、濃い色のまま泡立ちます。
しかし…

※髪の毛で泡立てた白髪染めシャンプーのテクスチャー

髪の毛につけて泡立てた場合は、髪の毛に着色成分が持って行かれるので白っぽくなるわけです。
泡立て前のテクスチャーの色だけで判断すると、「白髪染めシャンプーって刺激が強そう」というイメージを持ってしまうかもしれません。
ただ、実際には安全に使うことができるのでご安心を(*^O^*)

ミャーオミャーオ

泡の色については、そんなに濃くない白髪染めシャンプーもあるよね?
これってどうなの?

ねーさんねーさん

うん。濃いテクスチャーの白髪染めシャンプーでも染まりは控えめだから、テクスチャーの色が薄い商品だと染まらないと感じる可能性が高いわね。

ニャーオニャーオ

テクスチャーの色の違いについては、ページ後半の白髪染めシャンプー比較リストの「使用時のチェックポイント」に掲載しているので参考にしてくださいっス。

では、染める力が弱い白髪染めシャンプーを使う意味はどこにあるのでしょうか。
白髪染めシャンプーの、基本的なメリットとデメリットを挙げてみます。

白髪染めシャンプーのメリット

まとめると
  • 普段のシャンプーが白髪ケアになる

  • 塗り残しがない(全体をまとめてケア)

  • 髪への刺激が少ない

ニャーオニャーオ

順番に見ていくっス!!

普段のシャンプーが白髪ケアになる

白髪染めシャンプーを使い始めると、毎日のお風呂が「白髪ケアタイム」になります。
これって、実際にやってみると、思った以上に大きなメリット♪

ほとんどの白髪染めは、染めるための時間を確保する必要があるわけで…。
セルフで白髪を染める場合でも30分以上、美容院だと移動時間も考えて2~3時間の空き時間が必要です。

白髪染めシャンプーの場合、普段のシャンプーの時間を、白髪ケアの時間に変えられるので、白髪を染める時間をわざわざ確保しなくてすむんです。

白髪染めシャンプーのメリット

確かに、白髪染めシャンプー1回で色づく程度なんてたかが知れています。
でも、それ以上に、色落ちしないという安心感があって精神的にラク♪

白髪をしっかり染めた後のシャンプーって、ちょっとヘコみませんか?
「あぁ…色落ちしてるんだろうなぁ」みたいな…(ToT)
そういう精神的なストレスを軽減できるのも、白髪染めシャンプーのメリットです。

塗り残しがない(全体をまとめてケア)

白髪染めシャンプーは、通常のシャンプーと同じように、キメ細かな泡で髪の毛を包み込むので塗り残しが出ません。

塗り残しは、白髪を染めるときの悩みの種。
美容院で白髪を染める場合は、美容師さんがやってくれるので問題ありませんが、自宅だと大変です。

ペーストやムースタイプ、泡タイプなど、色々な種類の白髪染めがありますが、どれも塗り残しが出やすく、テクスチャーを何度も何度も、髪に丁寧に塗る必要があります。

「丁寧に塗って塗り残しが出ない」なら、まだ問題はないのかも。
ただ、そうもいかないのが白髪のやっかいなところです。
大抵どこか塗れていない部分があって、それが染め残しに直結!!

特に、白髪の量が多くなると、時間をかけて白髪を染めたのに、髪の隙間から染まっていない一部の白髪を発見することも多くなります。
ドライヤーで髪を乾かした後、染め残しを発見した時なんて最悪です(ToT)。

そう考えると、上手く塗れているかどうかなんて気にする必要がなく、全体をまとめてササッとケアできる白髪染めシャンプーはありがたい存在です。

髪への刺激が少ない

白髪染めシャンプーは、髪への刺激が少ないアイテムです。
まぁ、染める力が弱いので、刺激も弱くて当然ですが…。

白髪を染めるときに、仕上がりと同じくらい気になるのが髪へのダメージ。
「白髪が見えなくなるなら、髪がどんなに傷んでもかまわない!!」という人はいないんじゃないかと思います。

セルフで白髪を染める場合には、髪がダメージを受けても自己責任。
刺激の強い白髪染めは、「使い続けると髪がものすごく痛む」というリスクがあったりするのですが、白髪染めシャンプーはその点の心配も不要というわけです。

そもそも毎日使うことを前提として製造されているので、髪にダメージを与える成分や刺激の強い薬剤は使われていないんですね
ブランドによっては、髪を保湿するための天然成分が配合されている商品もあって、普通のシャンプーより使い心地が良かったりします。

ねーさんねーさん

ただ、「着色成分が肌に合わない」というケースもあるので、使用前のパッチテストはした方がいいです。
メーカー側もパッチテストは推奨しています。

ニャーオニャーオ

まぁこれは、刺激の大小よりも体質の問題っスね。

白髪染めシャンプーのデメリット

まとめると
  • 染める力が弱い

  • 部分的に染めることができない

  • 商品の数が少ない

染める力が弱い

繰り返しになりますが、白髪染めシャンプーは染める力が強くありません
おそらく、数ある白髪染めアイテムの中でも最弱。
白髪を完全に隠したいなら、ある程度の回数を重ねる必要があります。

「自然に少しずつ白髪を色付けていく」アイテムなので、1日・2日使って、白髪がどれくらい染まっているか確認すると、逆にストレスが溜まってしまうかも。

ニャーオニャーオ

ちなみに、今までの使用経験から、各白髪染めの「染める力」を図にしてみたっス

白髪染めの染める力比較

もちろん、白髪染めシャンプーの中でも、染める力に違いはあります。
ただそれ以前に、白髪染めシャンプーは総じて染まりが弱いという特徴を「知っておくこと」が大切かと…。
「全然染まらないじゃ~ん」ってな感じで、1回・2回使って残りは捨ててしまう…なんてことにならないようにしたいものです。

白髪染めシャンプーを使う場合は、購入した1本を使い切ってから、自分に合っているかどうか判断する…。
そのくらいの余裕があるときの方が良いです。

部分的に染めることができない

白髪の量がそんなに多くなくて、特定の部位だけ染めたい場合や、リタッチ風に伸びてきた白髪だけを染めたいという場合にも、白髪染めシャンプーは向いていません。
注意深く使えば、部分的に染めることもできなくはないですが、それをやるなら他の白髪染めを使った方が良いという感じ。

全体をまとめてサクッとケアするアイテムなので、繊細な使い方には向いていないんです。

ねーさんねーさん

ただ、白髪染めシャンプーは手軽に使えるので、「大は小を兼ねる」的な考え方で、「気になるのは一部分だけど全体に使う」のはアリです。

商品の数が少ない

白髪染めの販売状況を見てみると、各ブランドからたくさんの商品が売り出されているわけですが…。
白髪染めシャンプーについては、商品の数がそれほど多くありません。

「逆に迷わなくていいかも」という考え方もできますが、有名ブランドが製造しているケースも少なく、自分に合った一品を探すのが大変だったりします。

ミャーオミャーオ

でもこのメリット・デメリット一覧って…一概に言えなくね?
例えば、少しずつ染めるのがメリットに感じる人もいるような気がするんだけど…。

ねーさんねーさん

まぁ、あくまで他の白髪染めと比較した場合のメリット・デメリットだからね。
白髪の量や、どれくらい白髪を隠したいかによって変わってくる場合もあるわね。

ニャーオニャーオ

ほんじゃー、白髪染めシャンプーで、実際にどんな変化になるのか見ていくっス。

白髪染めシャンプーの染まり具合はどんな感じ?30日間の使用後写真レポート(31枚)

実際に白髪染めシャンプーを使うと、どんな感じで変化していくのでしょうか。
染める力が弱いということは、白髪が色づくまでに時間がかかるということ。
つまり、変化も緩やかです。

前述したように、1回や2回使っただけでは、「全く変わってない!!」と感じてしまうのが普通。
ただ、使い続けることによって徐々に変わってきます。

ニャーオニャーオ

まずは、使用前と1ヶ月後の比較から掲載します。

ねーさんねーさん

以下は、1日毎の写真です。
写真をクリック・タップで拡大表示できます。
また、写真拡大後、左右の矢印をクリック・タップすると前後の写真をチェックできます。

使用条件の詳細を表示する
今回は、ページ下部の白髪染めシャンプー比較リストで、染める力4以上のアイテムをランダムに使用。
色はブラックで統一しました。
シャンプー後のコンディショナーには、利尻のカラーケアコンディショナーを使用。

利尻カラーケアコンディショナー

外観

利尻カラーケアコンディショナーのテクスチャー

テクスチャー

白髪染めシャンプー後の色落ちに配慮してつくられたコンディショナーです。
「カラーケア」に配慮したトリートメント・コンディショナーは、これ以外に見たことがありません。
なので、自動的にコレを使うことに決定♪

ねーさんねーさん

写真くらいの白髪の量で、早く染めたい場合には、カラートリートメントと併用した方がベター。
ただ今回は、白髪染めシャンプー「だけ」の色の変化を見るために、上記アイテムを使用しました♪

▼使用前~10日目

▼11日目~20日目

▼21日目~30日目

写真を撮るにあたり、全く同じ明るさ・角度で撮影することが難しかったので、日によって違った見え方をしている部分もあります。
また、白髪が多い部分がちょっと上にきたり、光が白髪のギラギラを反射しやすい角度だったりすると目立ってしまい、「前日より白髪増えてない?」みたいに感じる写真もあります。

ただ、白髪量が多めで、白髪染めシャンプーだけを使うとこんなものです。
そのくらい、白髪染めシャンプーの変化はゆっくりなんです。

ねーさんねーさん

「まぁ、全体としては変わってきてはいますよね」というお話です。

ミャーオミャーオ

良く言えば「自然」であり、悪く言えば「染まりが悪い」…そんな感じですなぁ

ニャーオニャーオ

この変化をメリットと感じるかどうかは、人によって分かれるところっスね。
1回の使用を手間と感じるかどうかにもよりますし…。

もちろん、白髪をケアするのに「白髪染めシャンプーだけしか使っちゃダメ!」ということはありません。
しっかり染める…
少しだけ白髪を隠す…
使い方次第です。

アナタはどれ?白髪染めシャンプーの活用法

白髪染めシャンプーで、どのくらい白髪が染まるのか分かっていても、それを自分の生活に溶け込ませるのは難しかったりします。
ざっくり分類すると「白髪染めシャンプーだけを使う」「他の白髪染めと併用する」の2つしかありませんが、使うペース(頻度)を考えると結構なパターンに(ToT)。

また、「面倒臭いと感じるかどうか」も、個々のライフスタイルや性格に左右されるもの。
あるやり方に対して「いや~それは面倒でしょ~」という人もいれば、「いやいや全然余裕でしょ~」という人もいるってことです。

そう考えると、カンタンかどうかも一概に言えないわけですが、いくつかのパターンに分けて考えれば分かりやすいのではないかと…。

ニャーオニャーオ

ということで、白髪染めシャンプーの活用法について、パターン別にまとめていくっス

白髪染めシャンプーだけを使う

1つ目の活用法は、白髪染めシャンプーだけを使う方法。
すごくシンプル。
そのまんま…という感じの方法です。

こんな人にオススメ!
  • 白髪の量を減らして見せたい

  • 染めたことを人に気づかれたくない

  • 白髪の量は少ないけど、全体に散らばっている

白髪の量を減らして見せたい

白髪が自然な年齢で、同年代の友人・知人もほとんど白髪。
ただ、自分だけ白髪の量が明らかに多い…。
こんな場合は白髪染めシャンプーだけ使うケアが役立ちます。

白髪が完全に染まるわけでもないし、「髪の根元だけ白髪」みたいなプリン状態も避けつつ、白髪を自然に目立たなくすることが可能です。

染まりすぎるのが嫌な場合は、毎日使うのではなく、普通のシャンプーと交互に使うことで髪のギラギラ感をほどよく緩和できますよ♪

ねーさんねーさん

最初の1週間くらいは毎日使って色づき具合を見つつ、後は好みに応じて普通のシャンプーと交互に使うくらいで良いと思います。
個人的には、白髪染めシャンプーの染まりは弱いので、毎日使っても染まりすぎることはないという感覚です。

染めたことを人に気づかれたくない

人に気づかれずに自然に白髪を減らしていきたい場合も、白髪染めシャンプーは向いています。

よく染まる白髪染めは1回で完結しますが、染まりすぎてしまうと重たい印象になりますし、いかにも「染めました!!」感を避けたい場合もあると思います。

白髪染めシャンプーなら、1回や2回使ったくらいでは、変化を確認するのも難しいくらい染める力が弱いので少しずつ用意周到に白髪を減らして見せることができます。

ねーさんねーさん

この場合は、ブラックか暗めのブラウンがオススメ。
ライトブラウンなどの明るい色だと、色づく前に変に赤く光る場合があるので注意が必要です。

白髪の量は少ないけど全体に散らばっている

白髪染めシャンプーのメリットの項目でも取り上げましたが、白髪が全体にパラパラと点在する場合は、白髪染めシャンプーでまとめてケアするのが便利です。

黒髪の比率が多いので、刺激の強い白髪染めで染めるのは損です。
(まだ白髪になっていない健康な黒髪を傷めてしまうので…。)

かと言って、全体に点在する白髪を1本1本抜いたり切ったりするのは現実的ではない。
そんなときには、白髪染めシャンプーでまとめてケアしてしまいましょう。

ねーさんねーさん

この場合は、白髪染めシャンプーだけではなく、他の白髪染めと併用するのもアリです。
最初だけ他の白髪染めでしっかり染めて、後は白髪染めシャンプーみたいな感じが良いかと…。

他の白髪染めと併用する

2つ目の活用法は、他の白髪染めと併用する方法。
使い分けるなんて面倒くさいと思うかもしれませんが、それぞれの良い面を活かせば、より丁寧なケアが可能になります。

こんな人にオススメ!
  • 白髪を完全に隠したい

白髪を完全に隠したい

白髪を完全に隠したい場合には、しっかり染まる白髪染めを選びがち。
もちろん、それは自然なことですし、間違ってはいないと思います。
美容院や2剤式のヘアカラー(永久染毛剤)などの、染める力の強い白髪染めは、1回でしっかり染めることができるので…。

ただ、上記はあくまで「染める力」だけを比較したときの特徴です。
白髪染めシャンプーのように毎日使えるわけではないので、どうしても色落ちが気になってくるという欠点があります。

全体は染まってるけど、細かなところから「ギラッ」という感じ。
そして、日が経つにつれ、この「ギラッ」が増えていきます。
ここを白髪染めシャンプーでカバーするようなイメージ。

そうすることによって、刺激の強い白髪染めを使う頻度も減らすことができるのでラッキーです♪

ねーさんねーさん

美容院の白髪染めと併用する場合は、美容師さんに白髪染めシャンプーで染めていることを伝えておいた方が良いみたいです。
白髪を染める仕組みが違うため、美容院によっては施術が上手くいかないケースがあるのだとか…。
私が美容院で白髪を染めたときは大丈夫でしたが念の為…。

美容院と併用するときの注意点を表示する
美容院での白髪染め

美容院での白髪染めと白髪染めシャンプーの相性が悪いと言われる理由は、髪を色付ける仕組みにあるようです。
主に外側をコーティングするように色づける白髪染めシャンプーと、薬剤を使って髪の内部まで色素をしっかり定着させる美容院での白髪染め。

白髪染めシャンプーによって、髪がコーティングされている状態だと、美容院で白髪染めをするときに上手く色が入らないケースがあるのだとか…。

最近は、美容師さんもブログやお店のコラムなどで情報を発信していますが、このことについて書いている方が何人かいました。
ただ、前述したように、私が美容院で染めてもらったときは問題なく仕上がりました(´・_・`)

美容院によって使っている薬剤が違うのか…詳細は分かりませんが、併用する場合は美容師さんに確認した方が良いと思った次第です<(_ _)>ペコッ

ミャーオミャーオ

染める仕組みでいうと、2剤式のヘアカラー(永久染毛剤)も、白髪染めシャンプーとは違うので自己責任ってことになりそうだよ?

ニャーオニャーオ

併用する場合は、やっぱりカラートリートメントが無難みたいっスね。
その理由についてもまとめてみるっス。

白髪染めシャンプーと相性が良いカラートリートメント|比較と併用

白髪染めシャンプーと併用するのに、もっとも相性が良いのがカラートリートメント。
聞いたことがない…という人はいないんじゃないかと…。

カラートリートメント

美容院や永久染毛剤よりも染める力は劣りますが、髪へのダメージは最小限でそこそこ染まる。
消去法で「これしかない」という感じで使っている人もいるとは思いますが、自宅で白髪染めをするときの強い味方です。

このカラートリートメントと白髪染めシャンプーの相性が良い理由は、使われている染料が同じだからです。
シャンプーにしているか、トリートメントにしているかの違いくらいしかありません。
(※染める力はカラートリートメントの方が上です。)

現に、白髪染めシャンプーを販売しているブランドの多くが、カラートリートメントも販売。
それくらい相性が良くて、一緒に使うことを推奨しているブランドもあります。

どちらか一方を使うことを前提に、白髪染めシャンプーとカラートリートメントを比較してもいいですし、一緒に使うことを前提に、それぞれの特徴を考えるのもアリです♪

白髪染めシャンプーと一緒に使う場合の活用法

カラートリートメントと白髪染めシャンプーを一緒に使う場合は、カラートリートメントを柔軟に活用することが鍵になります。

カラートリートメントというのは、色々な使い方ができて、活用法が1つではないからです。
お風呂で塗れた髪に毎日使う「白髪染めシャンプーと同じような使い方」もできますし、乾いた髪に使うことも可能。
ついでに言うと、部分染めにも対応しています。

■カラートリートメントの特徴■ 部分染め 全体染め
塗れた髪 染まり【弱】
乾いた髪 染まり【強】

当然、乾いた髪に使う方が染まりは良くなります。
これは、乾いた髪に使うときには着色を邪魔する水分がないためです。
逆に、塗れたときに使う場合は、水分が手伝ってテクスチャーの伸びが良くなります。

カラートリートメントの方が器用なので、白髪染めシャンプーをベースに、カラートリートメントの活用法を考えた方が効率的なわけです。

カラートリートメントを乾いた髪に使う

カラートリートメントを乾いた髪に使う場合、しっかり染まるメリットの反面、手間がかかるというデメリットがあります。
他の白髪染めと同じように、「白髪を染める時間」を確保して使うイメージ。

なので、休日、もしくは時間のある日に乾いた髪に使ってしっかり染めて、忙しい日はお風呂で白髪染めシャンプーを使い黒髪をキープする方法がいいのではないかと…。

カラートリートメントを塗れた髪に使う

普通のトリートメントの代わりにカラートリートメントを使う活用法です。
染まりは弱いですが、白髪染めシャンプーをした後にカラートリートメントを使うので、染まった状態をキープするのに最適。

毎日ケアすることになるので、色落ち・白髪が目立ってないかというストレスから完全に開放されることに…(*^O^*)。

  1. 白髪染めシャンプーを泡立て
  2. 5分放置
  3. 洗い流す
  4. カラートリートメントを塗る
  5. 5分放置
  6. 洗い流す

上記の過程が面倒だと感じるかどうか…。
これは人によって変わってくると思います。

「2つとも使う意味あるの?どちらか1つでいいんじゃ…」という意見もあるかもしれません。
実際にそう感じる人もいるでしょう。

ただ、白髪染めシャンプーとカラートリートメントの染まりは多少違うので、2つ使った方がよりキレイに染まります。
少しずつゆっくりと、でもしっかり色はつけたいという場合には、相性抜群の2つを一緒に使ったほうが良いわけです。

ねーさんねーさん

白髪の染まり具合を見ながら、塗れた髪に使いつつカラートリートメントの使用頻度を調整するのもアリです。
カラートリートメントだけ週3とか…。

ミャーオミャーオ

でもこれって白髪染めシャンプーを実際に使ってみないと分からなくね?
手間がどのくらいかかるかも把握しにくいし…。

ホントに手軽?白髪染めシャンプーの使い方

ここからは、白髪染めシャンプーの使い方について取り上げていきます。
白髪染めシャンプーは、「普通のシャンプーの替わりに使うだけ!!」という手軽さが魅力です。

ただ同時に、「テクスチャーが黒いのにホントに簡単に使えるの?」という疑問もあるのではないでしょうか。
厳密に言うと、使う前に知っておいた方が良い「ちょっとしたコツ」みたいなモノはあります。
手順は同じですが、黒いテクスチャーの扱いをどうするかが鍵という感じ。

ニャーオニャーオ

まずは基本的な使い方から見ていくっス

白髪染めシャンプーの使い方は、ボトルに記載されていて、どの商品も同じような記載内容です。

ボトルに記載された白髪染めシャンプーの使い方

  1. 髪を十分に濡らす。
  2. 塗れた手に適量を手に取る。
  3. 泡立てた後、髪をやさしく洗う。
  4. 色水が出なくなるまでしっかりとすすぐ。

商品によっては、使い方を記載したパンフレットが同梱されていたりもします。
また、利尻カラーシャンプーは動画での使い方も配信中。
とは言え、そんなに目新しいことが掲載されているわけでもありません。
「まぁ、普通のシャンプーとあんまり変わらないんだなぁ」と感じる程度です。

※利尻カラーシャンプー使い方動画のポイント

⇒ Youtubeで動画をチェックする場合はコチラ

では、上記の説明通りに使ったとして、不便な部分はないのでしょうか。
白髪染めシャンプーを実際に使ったときの体験と、ちまたの口コミも参考にして、注意点をまとめてみました。

白髪染めシャンプーを使う前にチェックしておきたいポイント

一覧にすると
  • 爪周りの汚れへの対処法

  • 仕上がりを良くする「ちょっとの放置時間」

  • シャンプー後のトリートメント

上記のポイントに対して、どのような対処をするかは人によって変わってきます。
絶対的な正解はありません。
使う商品や髪の長さにもよりますし、個人の性格にもよります。

ニャーオニャーオ

とにもかくにも、1つずつ見ていくっス。

爪周りの汚れへの対処法

白髪染めシャンプーのテクスチャーは色が付いているので、実際に使わずとも「手が汚れるんじゃないの?」という疑問が湧いても不思議ではありません。

染める力が強い白髪染めシャンプーだと、手が汚れる可能性があります。
最初のポイントは、塗れた手でテクスチャーを扱うこと。
そうすれば、手の平の汚れは余裕で落とすことができます。

そして、問題は爪まわり
乾いた手で触るのはもちろん、泡立たさせる前に爪まわりについてしまうと、落とすのが面倒なんです。

ねーさんねーさん

石鹸では落とせないというよりは、石鹸が届きにくいと言った方が正確かもしれません。
ブラシなどを使えば落とすことはできるんですけど…。
また、頭皮をゴシゴシするときに、爪を立てる癖がある場合も注意が必要です。
(※爪の内側に着色成分がつきやすくなります⇒頭皮ブラシが活躍♪)

無難なのは手袋をすること。
そうすることで、「爪が汚れるかも」という不安をなくすことができます

※【手の汚れ】対処法まとめ

仕上がりを良くする「ちょっとの放置時間」

白髪染めシャンプーを使う場合、泡立てた後、少しだけ放置する時間を作った方が染まりが良くなります
これは、放置することによって、白髪染めシャンプーに含まれる着色成分が髪に浸透するからではないかと…。

実際に、「白髪が気になる方は、3~5分おいてから洗い流すと効果的です」と記載されている商品もありますし…。

白髪染めシャンプーの注意書き

とは言え、白髪染めシャンプーは1回の染まりが強くないので、「放置時間を作った方が染まりますよ~」と言ったところで、使った直後に大きな違いを感じるわけではありません。
1ヶ月繰り返したときの染まりは結構差がつくんじゃないかなぁ…みたいな感じです。

わざわざ放置する時間をつくるというよりも、「体を洗う時間」や「湯船につかる時間」を放置時間に活用する方が気楽です

シャンプー後のトリートメント

白髪染めシャンプーを使った後にトリートメント(コンディショナー)をする場合「色落ちしないの?」という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。
使うトリートメントにもよりますが、白髪染めシャンプーの着色をなかったことにするほどの色落ちはしません。

ねーさんねーさん

ただ、実際に使った感覚では、白髪染めシャンプーだけの方が色づきは良い気がします。
色落ちが心配な場合、選択肢は以下の3つかな…と思っています。

  1. カラーケアに配慮したコンディショナーを使う
  2. 白髪染めシャンプーだけを使う
  3. カラートリートメントを使う

どうするかは、人それぞれですし、使う前から決める必要はありません。
白髪染めシャンプーだけで、髪が十分に潤うと感じるのであれば、それでOKですし…。

早く色づけたい場合は、カラートリートメントを併用した方が効果的ですし…。
まぁ、実際に使ってみてから判断で良いと思います。

色落ちに配慮したコンディショナーは、今のところ利尻から販売されている『利尻カラーケアコンディショナー』くらいじゃないかと思います。カラーケアシャンプーはいくつか見つかるのですが、コンディショナータイプは利尻だけしか見つかりませんでした。

※シャンプー後の対処まとめ



ニャーオニャーオ

カラートリートメントとの併用については、さらに下のコンテンツで取り上げるっス!

白髪染めシャンプーの汚れ|タオルや洗面台など

口コミでたまに見かけるのが、髪を拭いた後のタオルに白髪染めシャンプーの色が付着するというもの。
ただ、しっかりとすすぎを行っていれば心配はいりません。
ホントに少しも汚れないのかと言われると、ほんの少し色づくかもしれませんが、どの程度が「タオルが汚れて大変!!」なのかも個人差があるので何とも言えないところです。

ニャーオニャーオ

というわけで、白系のタオルを使ったときの写真を掲載しておきます

※写真をクリックかタップすると拡大します。

ねーさんねーさん

タオルが真っ黒になる…なんてことはありません。
ただ、茶色やネイビーなど濃いめのタオルを使った方が無難です。

また、すすぎのときに「色水がでなくなるまですすぐ」ことが大切。
白髪染めシャンプーに限らず、普通のシャンプーでもシャンプーが髪に残るのはよくありません。

ニャーオニャーオ

ついでに、洗面台の汚れについても動画で検証したっス

白髪染めシャンプーを垂らした洗面台の汚れ除去

乾いた状態の洗面台やお風呂に、白髪染めシャンプーを垂らして長時間放置すれば、さすがに汚れが落ちにくくなりますが、お風呂で普通に使う分には、それほど神経質になる必要はありません。
(※もちろん、洗い流すのを忘れないことは大切♪)

白髪染めシャンプーを選ぶときの3つのポイント

白髪染めシャンプーを試してみようと思ったとき、商品ごとの細かな違いは把握しておきたいものです。
でも、具体的にどんなことに注意しながら、白髪染めシャンプーを選べば良いのでしょう…。

全部使ってみるのがベストですが、それは現実的ではありません。
そして、選ぶときのポイントを整理することで、余計な失敗を防ぎ、自分に合った白髪染めシャンプーを絞り込むことは可能です。

ここでは、白髪染めシャンプーを選ぶときの注意点・比較ポイントについてまとめてみます。

ニャーオニャーオ

ここで取り上げるポイントは、ページ下の白髪染めシャンプー比較リストにも反映させているので参考にしてくださいっス。

染まり具合(テクスチャーの濃さ)

白髪染めシャンプーは、白髪染めの中でも染まりが弱いアイテム。
その白髪染めシャンプーだけで比較しても、染まりの良し悪しがあります。

そして、白髪染めシャンプーの場合、テクスチャーの濃さで染まりの良し悪しがある程度分かるというのが知っておきたいポイント。
「真っ黒のテキスチャー」「真っ黒と思いきや手のひらで伸ばすとそうでもないテクスチャー」「明らかに色の薄いテクスチャー」があるので、事前にチェックしておきたいところです。

真っ黒のテクスチャーを使っても、髪で泡立てれば白っぽくなりますし、染まりすぎることはありません。
逆に、染め過ぎたくないと思ってテクスチャーの色が薄い白髪染めシャンプーを選ぶと、全然染まらないということになりがちです。

色・明るさ

白髪染めシャンプーの色数は、どのブランドもそんなに多いわけではありません。
なので、悩むケースは少ないと思うのですが、率直にいうと暗めの色が無難!!

染める力が弱いので、明るい色を選んでしまうとオレンジが出やすいというか、変に光って目立つことがあるんです。

各ブランドの紹介ページに、仕上がりイメージを掲載しているケースがありますが、あくまで使い続けたイメージであることがほとんど。
そこまで染まるのに時間がかかるので、暗めの色の方が無難…というわけです。

使う前の髪色が金髪だったり、とても明るければ話は変わってきますが、茶髪にブラックを使っても、真っ黒になるということはないので、暗めで勝負して良いのではないかと思います。

コスパ・購入場所

品質レベルが高くなれば価格も高くなるのは、どんな商品でも同じ。
ただ、割引やキャンペーンなどを利用すれば、品質は高いけど安く手に入れることも可能です。

初回の購入はもちろんのこと、使い続けた場合のお得さも考慮してピックアップすると良いのではないかと…。
購入段階では、使い続けるかわからないけど、使い続けた場合もお得な商品から試せば、損をする確率は減らせますので…。

ちなみに、白髪染めシャンプーは市販の店舗ではあまり売られていません
ゼロではありませんが、とても少なく選ぶ権利もない状況。
また、定価で売られているケースが多いので、より安く買えるネットショップを見つける方が高いコスパを維持できます。

白髪染めシャンプー比較リスト|8ブランド15色

ニャーオニャーオ

白髪染めシャンプーの比較リストっス。
「おすすめ度」「染める力」「品質」「コスパ」の4つの観点から5段階評価しているっス。

項目 評価基準
おすすめ度
他3項目と実際に使ったときの使用感を踏まえて判断。
染める力
テクスチャーの色や実際に使った染まり具合などを考慮して判断。
あくまで白髪染めシャンプーだけを比較対象として評価しています。
(他の白髪染めと比較すると、全部★1になってしまうので…。)
品質
シャンプーとして髪にやさしいかどうか、成分などから判断。
コスパ
単純な価格だけではなく、質と使い続けるときの運用コストを加味して判断。
その他の掲載基準を表示する
価格 基本的に定価を表示。
割引がある場合は別途「購入時のチェックポイント」に掲載。
送料は場所やショップによって変わってくるので未記載。
色数 何色が販売されているかを表示。
染料 使用されている染料を表示。
ボトル裏や企業サイトで確認し掲載。
天然染料については、髪を色付ける目的で使われていることがハッキリ分かるものだけ記載。
活用法 白髪染めシャンプーだけで活用できるか「○」「▲」「×」で評価。
【○】…使い続けることで、シャンプーだけで色づけることができる。
【▲】…使い続けても、シャンプーだけだと白髪を色づけるのは難しいかも。
【×】…使い続けても、シャンプーだけでは染まらない。

※毛束の染め方について
人毛毛束を使用して、テクスチャーを少量使いどんな色になるか検証しています。

染める前の毛束

染める前の人毛毛束

テクスチャーの量

テクスチャーは少量

テクスチャーの量を少なくしているのは、毛束の量が実際に使う髪の毛よりも大幅に少ないためです。
(人の髪の毛の本数は10万本と言われていますので…。)
写真の量のテクスチャーでも多いくらいで、毛束の染まりは実際よりも強くなります。
掲載している写真は、1回の使用で毛束の色になるというわけではなく、あくまで色味の参考として見てもらえると幸いです_<(_ _)>ペコッ

利尻カラーシャンプー


■利尻カラーシャンプー

おすすめ度 4.5
染める力 4.0
品質 4.5
コスパ 4.5
価格 3,500円(税抜)/別途割引あり
内容量 200ml(500mlサイズもあり)
色数 4色(ブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン)
染料 塩基性染料、HC染料、天然染料
活用法 白髪染めシャンプーだけ:○
商品の概要

シリーズ累計2000万本の売上を誇る人気商品です。
「白髪染めシャンプーを使うかどうかの判断をするならコレ!!」と言ってもいいくらいの安定感。
髪質を維持する成分と、髪に色をつける成分のバランスがとれていて使いやすいです。

天然由来の潤い成分が27種類。
6つの無添加(ノンシリコーン、ジアミン系色素不使用、パラベン不使用、4級アミン不使用、酸化剤不使用、無鉱物油)。

できる限り天然の成分を使って、できる限り添加物を排除しているという感じ。
色数はカラーシャンプーにしては多い4色で、選択肢も広めです。

特に、白髪染めシャンプーが初めてという場合はオススメ♪
無臭で髪にニオイが残らないので、使用感はいいけどニオイがちょっと…ということもありません。

使用時のチェックポイントを表示する
利尻カラーシャンプーのテクスチャー

テクスチャー

利尻カラーシャンプーのテクスチャー

手のひらで伸ばす

利尻カラーシャンプーの泡

泡色

テクスチャーは白髪染めシャンプーの中でも濃い目。
ほどよいトロみがあるので、テクスチャーが垂れることなく使いやすいです。
手のひらで広げてみても濃さはそのまま。染まりもgood♪

利尻カラーシャンプーのキャップ部分 200mlのボトルタイプはキャップ式。
ポンプ式が好きな人には残念ポイントかも。(※500mlはポンプ式です)
キャップ式は、逆さまにすれば最後まで使えるので、試しに使ってみて自分に合うようなら500mlを使うのが良いのではないかと…。
頭皮モミブラシ おまけでついてくる『頭皮もみブラシ』。
爪周りを汚したくない人の強い味方です。

プニプニとした肌触りで、普通のシャンプー時にも使えます。
ネットショップで買うと500円~2,000円くらいなので、この機会に1つ持っておくのもいいかも♪
利尻カラーシャンプーで毛束を染めた写真 【ブラックを使用】
染まり具合は、白髪染めシャンプーの中でもトップクラス。
塩基性染料、HC染料に加え、天然染料も使用されていて独特の仕上がりに。

ブラックの場合、染め始めは灰色にも見える黒。
変に黒く染まらないので安心です。
白髪をギラつきを抑えたい人にも最適♪
購入時のチェックポイントを表示する
人気商品なだけあって各種通販ショップ、市販店舗で購入できます。
ただ、比較するのが面倒という通販ショップもあるので注意が必要_(´・_・`)

販売店舗 取扱 備考
公式サイト 色や本数を選ぶだけ
Amazon 本数と色ごとに別ページになっている
楽天市場 本数、色、送料の有無で別ページになっている
ヤフーショッピング 本数、色、送料の有無で別ページになっている
価格がバラバラ。
市販店舗 割引なしの定価。在庫切れで色が揃っていないケースあり

結論を言うと、メーカー直販の公式サイトがベスト。
初回1,000引きという割引も魅力的ですが、何より色と本数を選びやすいんです。
「ちょっと使ってみたいなぁ~」というときに最適♪

そして、仮に使い続けたいと思ったときにも、定期的にキャンペーンがあったりして助かります。
利尻カラーシャンプーのキャンペーン

写真は半額キャンペーンのハガキ。
「おトク便」という定期コースの紹介を兼ねたモノですが、半額で手に入るのはうれしい♪
定期コースに申し込んでも購入縛り(●回までは買わないといけないルール)があるわけではないので安心です。

ミャーオ右のんびり

まぁ、これは1回使ってみてから考えればいいよね?

ニャーオ調査中

ま、まぁ確かに。一応…ということで。

もちろん、Amazonや楽天で買うと損というわけではありません。
Amazon prime会員であれば早く手元に届きますし、楽天市場であればポイントを貯めることができるし…。
使い慣れているかどうかも含めて、購入のしやすさは人それぞれ。

ただ、リピ向けだと思っていて…。
Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどのECサイトは、ECサイトの中に複数のショップが展開しているので、Amazonの中で比較する、楽天市場の中で比較しないといけません。
色・本数・送料の有無ごとにページが分かれていたりするので、比較するのが大変なんです。
(※利尻は認知度が高いということもあり、表示される件数も多いです)

まぁ、最初のお試しは公式サイトがいいですよ~というだけのお話です。

ニャーオ笑顔

Amazonや楽天で購入したことがあっても、公式サイトで購入したことがなければ割引は適用されるのでお得っス

■Amazonで詳しく見る
■楽天市場で詳しく見る
■ヤフーショッピングで詳しく見る
■【初回1,000円引!!】公式サイトで詳しく見る

AmSkカラーシャンプー


■AmSkカラーシャンプー

おすすめ度 4.0
染める力 4.0
品質 4.0
コスパ 3.0
価格 3,456円(税込)
内容量 200ml(500ml詰替えあり)
色数 2色(ブラック、ダークブラウン)
染料 塩基性染料、HC染料
活用法 白髪染めシャンプーだけ:○
商品の概要

ヘナ粉やシャンプー、トリートメントなど自然派にこだわった通販ショップ「スリアン」が販売している白髪染めシャンプーです。
ヘナとかインド方面の美容に強い印象。
インド伝承ハーブ(アカシアコンシナ果実エキス)とアンマロク果実エキス(アムラ)が使われています。

ブラックとダークブラウンの2色展開ですが、どちらも実用的。
ブラックはもちろん、ダークブラウンも暗めの仕上がりになるので、ビジネスシーンでも余裕で使えるレベルです。

香りはついていますが、男性でも女性でも使える爽やかな香り。
強すぎる香りではなく、使用後の髪にもほとんど残らないので違和感なく使えます♪

使用時のチェックポイントを表示する
AmSkカラーシャンプーテクスチャー

テクスチャー

AmSkカラーシャンプーのテクスチャーの濃さ

手のひらで伸ばす

AmSkカラーシャンプーの泡

泡色

テクスチャーはかなり濃い目。
手のひらで広げたときにも薄くならずに染まりもしっかり♪

AmSkカラーシャンプーのポンプ部分 ポンプ式になっているので、テクスチャーが出しやすい。
ただ、1回に出る量が少なめ。
使う量の調整はしやすいですが、何回もプッシュすることに…。
残りが少なくなるとテクスチャーが出にくくなるので、使い続けるなら「詰替え用」を活用して、早めに補充したいところです。
AmSkカラーシャンプーで染めた毛束 【写真はブラックを使用】
染まり具合は、白髪染めシャンプーの中でもトップクラス。
ブラックでもダークブラウンでも、いい具合に落ち着いた色になります。
染まりが強いので、爪周りの汚れが気になる場合には、手袋などのアイテムを用意した方が良いかも。
周辺グッズは充実していないので、別途買う必要があります。
購入時のチェックポイントを表示する
取扱のあるECサイトは比較的少なめ。
楽天市場かyahooショッピングの2択です。
※公式っぽいサイトもありますが、結局はヤフーショッピングへジャンプするようになっています。

販売店舗 取扱 価格
公式サイト
Amazon
楽天市場 2,764円(税込)
ヤフーショッピング 2,980円(税込)
市販店舗

※価格確認日:2019年7月9日

品質レベルが高いので価格が高くなるのは自然なことですが…。
大幅な割引がないので、コスパとしてはちょっとマイナスです。

■楽天市場で詳しく見る
■ヤフーショッピングで詳しく見る

グローリンワンクロス


■グローリンワンクロス

おすすめ度 3.5
染める力 4.0
品質 3.5
コスパ 3.0
価格 5,800円(税抜)
内容量 100ml
色数 2色(リアルブラック、ナチュラルブラウン)
染料 塩基性染料、HC染料
活用法 白髪染めシャンプーだけ:○
商品の概要

スキンケア、ヘアケア商品を扱うソシアから販売されている白髪染めシャンプー。
ケラチン、ヘマチン、シルク、牡丹エキス、芍薬エキス、百合エキスなどを配合
髪の補修や潤いにも気を遣っている商品ですね。

リアルブラックとナチュラルブラウンの2色展開。
ブラックは落ち着いた仕上がり。
ブラウンは赤みが強いです。

容量が100mlと少なくコスパがイマイチ
「独自の濃密カラー製法を採用していて週1でOK!」と謳っていて、週1x4回の1ヶ月100mlという計算のようですが、さすがに週1でキープは難しいというのが実際に使ってみた感想です。

さらに、テクスチャーが水のようにシャバシャバなので、ちょっと扱いにくい

染まりに問題があるというわけではありません。
むしろ、白髪染めシャンプーの中ではよく染まる部類に入ります。
ただ、週1回の使用だと、どうしても「他のシャンプーでの色落ちが避けられない」ということです。

なので、使用頻度を抑えるか、多めの本数を用意することになるかと…。

使用時のチェックポイントを表示する
グローリンワンクロスのテクスチャー

外観

グローリンワンクロスのテクスチャー

テクスチャー

グローリンワンクロスの泡

泡色

写真では薄く見えますが、テクスチャーは濃い目です。
テクスチャーが薄く見える理由は、少量しか出していないからです。
前述したように、テクスチャーが水のようにシャバシャバなので、大量に出すとこぼれるんです_(ToT)。
なので、ちょっとずつテクスチャーを出しながら使うことになります。

グローリンワンクロスのキャップ部分 グローリンワンクロスはキャップ式。
容量は100mlしかないので、ボトルも小さめ。
洗顔の試供品くらいの大きさで、持ち運びも余裕でできるレベル。
しつこいですが、テクスチャーがシャバシャバなので、最後の1滴まで使えます。
グローリンワンクロスで染めた毛束 【ブラックを使用】
ブラックを使用しても真っ黒になるわけではありません。
染まりは良いのですが、容量が少ないことと、テクスチャーを出しづらいことが影響して、ついついケチってしまいそう。
購入時のチェックポイントを表示する
グローリンワンクロスの公式サイトとAmazonでの取扱いです。

■グローリンワンクロスの販売状況

販売店舗 取扱 価格
公式サイト 5,800円(税抜)
定期初回:3,780円(税抜)
Amazon 5,000円
楽天市場
ヤフーショッピング
市販店舗

※価格確認日:2019年7月9日


販売店舗は多くないので迷うこともあまりないんじゃないかと…。
グローリンワンクロス公式で購入する場合は、定期コースの割引があるので活用したいところです。
(※定期コースの購入回数指定はありません)。

1本を単品で購入する場合は、Amazonの方が割安です。

■Amazonで詳しく見る
■【定期コース割引!!】公式サイトで詳しく見る

ナチュラルグレイッシュリンスインシャンプー


■サロンドプロナチュラルグレイッシュリンスインシャンプー

おすすめ度 3.5
染める力 3.5
品質 2.0
コスパ 4.5
価格 702円~(ショップにより異なる)
内容量 250ml
色数 2色(ナチュラルブラック、ダークブラウン)
染料 塩基性染料
活用法 白髪染めシャンプーだけ:▲
商品の概要

ヘアカラーやパーマ剤で有名なブランド「サロンドプロ」の白髪染めシャンプー。
男性向け商品として売り出されています。

サロンドプロの公式サイトでは、「白髪を染めるのではなく目立たなくする」アイテムとして紹介。
ただ、白髪染めシャンプーの中では、極端に染まりが弱いわけではありません。
※サロンドプロのヘアカラーは、1回でしっかり染めるアイテムなので、それと比較しての表現だと思います。

ナチュラルブラックとダークブラウンの2色展開。
他商品と比べ、価格がズバ抜けて安いことからもわかるように、特筆する成分が入っているわけではありません。
最低限の条件を満たした商品という感じ。
とりあえず、最低限のコストで、白髪染めシャンプーを使ってみたい…という場合にオススメ♪

使用時のチェックポイントを表示する
サロンドプロナチュラルグレイッシュのテクスチャー

テクスチャー

サロンドプロのテクスチャー

手のひらで伸ばすと

サロンドプロナチュラルグレイッシュの泡

泡色

手に出したときは真っ黒なテクスチャーですが、広げると少しだけ薄さを感じます。
明らかな薄さではなく、よ~く比較すると分かるくらいのレベル。
染める力としては2番手という感じ。
その証拠に、泡立てる前に爪周りについても、他商品よりもカンタンに落とすことができるんです。

ねーさん首かしげ

香りは男性っぽくなく、むしろ女性向けの強い香り。
なので、女性が使えないこともありません。
とは言え、自分の友達にすすめるかというとちょっと…という感じですね。

サロンドプロナチュラルグレイッシュのキャップ部分 キャップ式で使い勝手は問題なし。
テクスチャーが出てくる穴が大きめなところもgood♪
価格が安いこともあり、大量に出して躊躇なく使えます(*^O^*)
サロンドプロナチュラルグレイッシュで染めた毛束 【ナチュラルブラックを使用】
最初から真っ黒になるわけではありません。
ただ、染まりに問題があるわけでもないです。
前述したように、安いため髪質を向上させる成分が入っておらず、どちらかというと、染まりよりも仕上がりの方が気になるかも。
購入時のチェックポイントを表示する
大手企業の商品ということもあり、どこでも売ってるイメージです。

■ナチュラルグレイッシュの販売状況

販売店舗 取扱 価格
公式サイト 通販の取扱なし
Amazon 721円~
楽天市場 726円~
ヤフーショッピング 702円~
市販店舗 店舗により異なる

※価格確認日:2019年7月9日

特別な割引はありませんが、元々の価格が安いので試しやすい部分はありますね。
価格は店舗によって異なりますが、大幅に違うわけではないのであまり気にする必要はないと思います。

■Amazonで詳しく見る
■楽天市場で詳しく見る
■ヤフーショッピングで詳しく見る

ボタニカラーシャンプー


■ボタニカラーシャンプー

おすすめ度 3.0
染める力 2.5
品質 3.5
コスパ 3.0
価格 1,340円~(ショップにより異なる)
内容量 300ml
色数 3色(ブラック、ダークブラウン、ブラウン)
染料 塩基性染料、天然染料
活用法 白髪染めシャンプーだけ:▲
商品の概要

ヘンナ(ヘナ)が入っているということで、期待してしまいますが、染める力としてはちょっと物足りない印象です。
写真を見ても分かるように、ブラックは青寄りの色味
全く染まらないわけじゃないけど、シャンプーだけだと物足りないと感じる可能性は高いです。
メーカー側も「カラートリートメントと併用して使うこと」をオススメしています。

ただ、内容量が300mlで価格もリーズナブル。
普通のシャンプーよりも色落ちしないので、カラートリートメントと併用することで、色づいた髪をキープするという活用法はアリだと思います。

成分としては、馬油やスクワラン、オリーブオイルが使われていて、価格の割には成分にこだわっている印象です。

使用時のチェックポイントを表示する
ボタニカラーシャンプーのテクスチャー

テクスチャー【ブラック】

ボタニカラーシャンプーの手のひらに伸ばしたテクスチャー

手のひらで伸ばす

ボタニカラーシャンプーの泡

泡色【ブラック】

手に出した段階のテクスチャーは濃い黒に見えるのですが、手のひらで伸ばしてみるとメタルっぽい銀色という感じ。

泡の色も、灰色っぽくて薄めなのが分かります。
「あぁ…これくらいの泡なら染まりは弱いだろうなぁ~」と実感。

ボタニカラーシャンプーのブラウンのテクスチャー 【ブラウンのテクスチャー】
ブラックはメタルっぽい銀色ですが、ブラウン系になるとオレンジっぽい色のテクスチャーです。
ボタニカラーシャンプーのブラウンの泡 【ブラウンの泡】
泡の色も結構奇抜。

染まりが弱い分、手が汚れる心配はありません。
色が奇抜というだけで、普通のシャンプーと全く同じ使い方ができます。

購入時のチェックポイントを表示する
公式サイトでの取扱はありませんが、Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングでの取扱いがあります。

■ボタニカラーシャンプーの販売状況

販売店舗 取扱 価格
公式サイト
Amazon 1,340円~
楽天市場 1,458円~
ヤフーショッピング 1,382円~
市販店舗

※価格確認日:2019年7月9日


1つのECサイトにいくつもショップがあって比較するのが面倒なタイプの商品。
ただ、価格はそれほど変わりません。
目的の色だけ決めて、使い慣れてるECサイトで買えば良いと思います。

■Amazonで詳しく見る
■楽天市場で詳しく見る
■ヤフーショッピングで詳しく見る

黒染めシャンプー(黒髪本舗)


■黒染めシャンプー

おすすめ度 2.0
染める力 1.0
品質 2.0
コスパ 4.0
価格 1,634円~(ショップにより異なる)
内容量 500ml(200mlもあり)
色数 1色(ブラック)
染料 塩基性染料
活用法 白髪染めシャンプーだけ:X
商品の概要

黒ばら本舗から販売されている「黒染めシャンプー」。
染める力はかなり弱め。
シャンプーだけだと使い続けても、染まりを実感するのは難しいかと…。

メーカー側ははっきり言及していませんが、「黒染めシリーズ」としてカラートリートメントとのセット販売もしているので、併用することを前提で販売しているのかも…。

価格は安く大容量の500mlなので、「そこまで期待はできないよね~」というのが率直な感想。
公式サイトでは、200mlのミニボトルもあるので、「お試し感覚」で使ってみるなら公式から買った方がいいかも。
※Amazonや楽天では200mlは見つかりませんでした。

使用時のチェックポイントを表示する
黒染めシャンプーのテクスチャー

テクスチャー

黒染めシャンプーのテクスチャーを手のひらで伸ばした写真

手のひらで伸ばす

黒染めシャンプーの泡

泡色

テクスチャーを見ても染まりの弱さはひと目で分かります。
手のひらに伸ばすと透けて見える部分も…。
他の白髪染めシャンプーとは別の意味で奇抜な色です。

泡立てるとほぼ白の泡になるので、普通のシャンプーとほとんど同じ使用感。
香りはかなり男性向けです。

購入時のチェックポイントを表示する

■黒染めシャンプーのの販売状況

販売店舗 取扱 価格
公式サイト 2,160円(税込)ー
Amazon 1,634円
楽天市場 2,052円~
ヤフーショッピング 1,980円~
市販店舗

※価格確認日:2019年7月9日


市販店舗での取扱いはありませんが、ネットショップならどこでも売られている印象。
価格はそんなに変わりませんが、Amazonが一番安いかなぁ…という感じです。

■Amazonで詳しく見る
■楽天市場で詳しく見る
■ヤフーショッピングで詳しく見る
■公式サイトで詳しく見る

黒曜

黒曜シャンプー

外観

黒曜シャンプーの色合い

シャンプーのみ

■黒曜

おすすめ度 2.0
染める力 0.0
品質 2.0
コスパ 1.0
価格 シャンプー:2,700円/ヘアパック:4,104円
内容量 350ml
色数 1色(黒系)
染料 天然染料(ヘアパック)
活用法 白髪染めシャンプーだけ:X
商品の概要

シャンプーとヘアパックを一緒に使う商品。
シャンプーだけだと全く染まりません

「それって白髪染めシャンプーなの?」という意見もあると思いますが、通販サイトで「白髪染めシャンプー」と検索すると出てくるので掲載。

天然成分で染めることをウリにした商品で、塩基性染料やHC染料が使われていない例外的なアイテムです。
塩基性染料やHC染料にアレルギーを持っている人には重宝するかもしれません。
ただ、鉄っぽいというか、錆びを連想するようなニオイがします。

コストも高く、お得な割引などもなし。
最初に選ぶ白髪染めシャンプーではないというのが率直な感想です。

使用時のチェックポイントを表示する
黒耀シャンプーのテクスチャー

テクスチャー

黒耀シャンプーの泡

黒耀シャンプーの泡

黒耀ヘアパック

黒耀ヘアパック

テクスチャーの段階では、少し色がついていますが泡立てると真っ白。
使用感は、普通のシャンプーと何ら変わりません。

後に使うヘアパックの染まりを良くするために設計されている模様。
シリコンなどの「髪をコーティングして染まりを悪くする成分」が入っていません。
ただ、その分、シャンプーの使用後はものすごくキシみます。

購入時のチェックポイントを表示する
ヘアパックと一緒に使わないと、染める力「ゼロ」なので、セット料金を掲載しています。

■黒耀の販売状況

販売店舗 取扱 価格
公式サイト 6,804円(税込)ー
Amazon 6,120円
楽天市場 6,804円~
ヤフーショッピング 6,804円~
市販店舗

※価格確認日:2019年7月9日


シャンプーとヘアパックが各350mlで上記の価格なので、かなり高いです。
この商品をホントに気に入っていないと出せない値段。
そういう意味でも、お試し感覚で使うには敷居が高い気がします。

■Amazonで詳しく見る
■楽天市場で詳しく見る
■ヤフーショッピングで詳しく見る
■公式サイトで詳しく見る

螺髪

螺髪

外観

螺髪シャンプーを使った毛束

シャンプーのみ

■螺髪

おすすめ度 1.5
染める力 0.0
品質 1.5
コスパ 1.0
価格 【ブラック】シャンプー:2,000円/ヘアパック:3,800円
【ブラウン】シャンプー:2,500円/ヘアパック3,300円
内容量 350ml
色数 1色(黒系)
染料 天然染料
活用法 白髪染めシャンプーだけ:X
商品の概要

螺髪輝も、シャンプーだけの染まりは「ゼロ」。
ヘアパックと一緒に使うことで染める商品です。
こちらも、ECサイトでの「白髪染めシャンプー」の検索で出てくるので掲載。
塩基性染料とHC染料が使われていない商品がほしいという向けですね。

ブラックとブラウンの2色展開ですが、ブラックとブラウンで価格差があります。
シャンプーはブラウンの方が500円高く、ヘアパックはブラックの方が500円高い。
ブラウンのシャンプーには天然染料が入っているようですし…何だか複雑な仕様です。

使用時のチェックポイントを表示する
螺髪輝のテクスチャー

テクスチャー

螺髪輝シャンプーの泡

シャンプーの泡

螺髪輝のヘアパック

ヘアパック

シャンプーのテクスチャーは完全に白です。
もう普通のシャンプーと同じと思っていいレベル。
シャンプー後は髪がキシみます。

購入時のチェックポイントを表示する

■螺髪輝の販売状況

販売店舗 取扱 価格
公式サイト 5,800円(税込)ー
Amazon 3,760円~
楽天市場 3,524円~
ヤフーショッピング 3,980円~
市販店舗

※価格確認日:2019年7月9日


公式サイトで購入すると結構高いですが、楽天やAmazonでは比較的値引きされている印象。
購入するなら、ECショップを優先した方が良いです。

■Amazonで詳しく見る
■楽天市場で詳しく見る
■ヤフーショッピングで詳しく見る
■公式サイトで詳しく見る

終わりに…

ここまで読んで頂きありがとうございます。
お伝えしたように、白髪染めシャンプーは染まりが弱いアイテム。
ただ、その中でも染まりの強弱に違いがあって、選び方が仕上がりを左右する傾向があります。

白髪を色づけたいのに、染まりの弱い白髪染めシャンプーを選んでしまうと、全く役立たないと誤解してしまう可能性も。
大切なのは、染まりの弱さを把握した上で、自分に合うか検討すること。
もちろん、染まりが弱いという理由で「使わない」という判断をするのもアリです。

まぁ、白髪染めは使い続けるアイテムなので、その中の1つとして試してみるのも良いかもしれません。

ニャーオニャーオ

最後に、白髪染めシャンプーの簡易的な比較表をまとめてみるっス

このページの商品紹介が、白髪染めシャンプー選びに少しでも参考になれば幸いです。

ニャーオニャーオ

お役に立ちましたでしょーか?
ブックマークや「いいね」ボタンなど…、ポチっと押してくれるとうれしいっス