白髪染めシャンプーは染まらない?実際の写真と知っておきたい2つのポイント

白髪染めシャンプーを使った人の口コミを見ていると「全く染まらん」という投稿を目にするケースは珍しくありません。
この手の口コミをどこまで参考にすべきかは迷うところです。

というのは、白髪が染まる・染まらないの評価基準は、人によって違うから。

白髪染めシャンプーを、美容院でのヘアカラーと比較するなら染まらないという評価になるでしょうし、白髪を少しずつ色づけていくという目的で使用するならお目当ての商品は見つかると思います。

ねーさんねーさん

そんなわけでどーも。
一番最初に白髪染めシャンプーを使ったときには「染まらん!!」とブチ切れた経歴を持つ「ねーさん」です。

あなたはもう既に白髪染めシャンプーを使った経験がありますか?
それとも、これから「ちょっと使ってみよっかなぁ~」という段階でしょうか。

白髪染めシャンプーは染まり方が個性的。
使い方やブランドによって仕上がりに差が出るアイテムと言えます。

「実際の色の変化はどのくらい?」
「全く染まらないってことはあり得る?」
「私の場合は、合うのかなぁ。」

このような疑問にお答えすべく、白髪染めシャンプーを使った前後写真をご紹介♪
染まらない場合の原因やチェックポイントについてまとめてみたいと思います。

ニャーオニャーオ

そんじゃーまとめてみるっす

白髪染めシャンプーは染まらない?実際の変化を比較

※白髪染めシャンプー使用3回の変化

利尻カラーシャンプー使用前後の髪の毛の写真

上記の写真は、白髪染めシャンプーを3回使った前後写真です。
色が変わっているのは分かると思いますが、それでもまだまだ白髪は見える状態。
(※使用した白髪染めシャンプーは利尻カラーシャンプー(ライトブラウン)です。)

この変化で、「いや~これじゃぁ染まったことにならんでしょ」と感じる場合には、他の白髪染めを使った方がいいと思います。

ねーさんねーさん

まぁ、3回でこのくらいの変化はあるかなぁという感じね。

ニャーオニャーオ

色が変わってるのは分かりますね。
なので、「全然染まってない」わけではないと思うっス。

ねーさんねーさん

ちなみに、明るいブラウン系の色を使ったときのものだから、色の変化が分かりやすい(目立ちやすい)けど、ブラック系だといい感じで白髪が減って見えるわよ。
それが白髪染めシャンプーの良いところでもある

ニャーオニャーオ

白髪染めシャンプーを使うと、みんなこのくらいの変化は当たり前なんスか?

ねーさんねーさん

いや、髪質によって色の付き方は違ってくるし、ちょっとした使い方なんかでも差はつくはず。
その見極めポイントをまとめて行こうかと…。

白髪染めシャンプーで、ホントに全く染まらない場合の2つの原因

※染まらない場合の原因概要(スライド3枚)



白髪染めシャンプーを使ったけど、ホントに全く染まらないというケースはあるにはあります。
その場合の原因についてまとめてみます。

■白髪染めシャンプーの着色成分と髪の相性

白髪染めシャンプーの着色成分

白髪染めシャンプーに使われている着色成分はブランドによって異なりますが、そのほとんどが「塩基性染料」「HC染料」「天然染料」の3つのうちのどれかです。
3つとも使われている商品もありますし、1つだけしか使われていないものもあります。
※ごくまれに、上記以外の色素が使われているケースもあります。

これらのうち、メインとなるのは「塩基性染料」と「HC染料」ですが、その染まり具合には髪のダメージが関係してきます。

■白髪染めシャンプーに使われている主な着色成分
塩基性染料 傷んだ髪のマイナスイオンにプラスイオンが結合して染色
イオン色素などとも呼ばれる。
簡単に言うと、髪の外側を着色する成分。基本となる染料です。
※ボトル裏などの成分表には「塩基性青99」「塩基性茶17」などと記載されています。
HC染料 キューティクルの隙間に浸透。
ナノ分子カラーなどとも呼ばれる。
簡単に言うと、髪の隙間に入り込む成分。補佐的な染料と言えます。
※ボトル裏などの成分表には「HC青2」「HC黄4」などと記載されています。
天然染料 天然の植物などから色素を抽出したもの。
ヘナやログウッド、シコン、クチナシなどさまざまです。

簡単に言うと、髪のダメージが少なく健康的な髪の人は染まらない(染まりが弱くなる)可能性があるということです。
塩基性染料は傷んだ髪のマイナスイオンに結合するけど、髪のダメージがなければマイナスイオンも少ない。
そして、HC染料はキューティクルの隙間に入り込むけど、健康的な髪ならキューティクルの開きは少ないので、着色成分が入り込みにくい…というイメージです。

ニャーオニャーオ

もしかして、白髪の根元が染まりにくいのも生えてきたばかりでダメージが少ないからっスか?
ということは白髪染めシャンプーで染まらなかったらキレイな髪ってことなので、喜んでいいってことっスか?

ねーさんねーさん

いやぁ…複雑な心境だわ。私なんぞは髪がパサパサだから結構色が入るんだけど。
とは言え、シャンプーするときにお湯を使うわけで、キューティクルは多少開くとは思うから全く染まらないってわけじゃないと思うんだけど…。
それでも、普段からパサパサ髪の人のキューティクルはHC染料が入り込みやすいって言えるんじゃないかしら。

ミャーオミャーオ

ねーさんの髪は、パサパサだからマイナスイオンも満載。
塩基性染料も喜んでくっつくってことだな。

ねーさんねーさん

う~ん…ほっとけ

ねーさんねーさん

ちなみに、白髪染めシャンプーに使われている上記3つの染料は、カラートリートメントでもよく使われています。カラートリートメントを使った経験があって、しっかり染まったのならば白髪染めシャンプーにも期待していいと思います。逆に、カラートリートメントで全く染まらなかった場合は要注意。白髪染めシャンプーはカラートリートメントよりも染める力が弱いので、白髪染めシャンプーを使っても染まらない可能性は高いと判断できます。

■白髪染めシャンプーのブランド選び

白髪染めシャンプーのブランド

白髪染めシャンプーの中でも、ブランドによって染まりの良し悪しはあります。
これは着色成分の配合量に差があるからです。

白髪染めシャンプーのボトル裏には成分表が記載されていて、配合量の多い成分から記載する決まりがあります。ただ、具体的に何ml使われているかはメーカー側しか分からず、私たち消費者側が把握することができません。つまり、実際の染まり具合は使ってみないと分からないわけです。

ブランドによっては「カラートリートメントと一緒にご使用下さい」みたいなコンセプトで販売していたりするので注意が必要。カラートリートメントと併用することを前提としているので、着色成分の配合量を少なくしている可能性も考えられます。

・染まりに定評のある白髪染めシャンプー3選

  1. 利尻カラーシャンプー
    利尻カラーシャンプー
    価格:3,500円(税抜)/別途割引あり
    色数:4色(ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウン)
    シリーズ累計販売数2300万本を突破した人気商品。染める力、品質ともにNo1!
    ■公式サイトで詳しく見る
  2. グローリンワンクロス
    グローリンワンクロス
    価格:5,800円(税抜)
    色数:2色(リアルブラック、ナチュラルブラウン)
    内容量は少ないですが、独自の染め技術と潤い成分には注目する価値あり!
    ■公式サイトで詳しく見る
  3. AmSkカラーシャンプー
    AmSkカラーシャンプー
    価格:3,456円(楽天市場価格)
    色数:2色(ブラック、ダークブラウン)
    インドの伝統医療アーユルヴェーダで使われている天然成分を配合した逸品!
    ■楽天市場で詳しく見る
ねーさんねーさん

複数の商品を実際に使ってみると結構な違いを感じます。
そして、染める力の弱い白髪染めシャンプーを使って「白髪染めシャンプーって染まらない!」と結論づけてしまうのはもったいないかな…と思います。

白髪染めシャンプーでしっかり染めたい場合の3つのポイント

※染まりを良くするチェックポイント概要(スライド4枚)



ねーさんねーさん

白髪染めシャンプーの染める力については理解しているつもり。でも、もう少し何とかならない?と思ったときのチェック項目!

■テクスチャーを多めに

白髪染めシャンプーのテクスチャー

シャンプーというのは、少量のテクスチャーでも頑張って泡立てれば、髪の毛全体に行き届かせることができます。ただ、白髪染めシャンプーの場合、白髪を着色する着色成分も入っているので、少量のテクスチャーでは染まりが悪くなりがち。

例えば、同じブランドの白髪染めシャンプーでも、10mlのテクスチャーを使うのと20mlのテクスチャーを使った場合では結果は異なります。20mlの方が、着色する成分が多く配合されているので当然と言えば当然です。

ミャーオミャーオ

え~、ってことはすぐになくなっちゃうじゃん。

ねーさんねーさん

いやいや、ものには限度ってものがあるから。改めて振り返ってみると、シャンプーのテクスチャーの使用量について友達と話す機会なんてなくない?
少ない量でシャンプーしてきた人が、その習慣通りに白髪染めシャンプーを使っても、テクスチャーの量が足りずに染まりが悪くなるケースがあるってわけ。

ミャーオミャーオ

なるほど、少量のテクスチャーで水を混ぜつつ、無理やり泡立ててた誰かさんみたいな使い方だと、染まらないという結果に繋がりやすいってことっスね?

ねーさんねーさん

ま…まぁ、そういうことよね

■染まりを阻害する要因を排除

洗い流さないトリートメント

白髪染めシャンプーは、基本的に髪の表面に着色するもの。前述したように、HC染料はキューティクルの隙間に入り込みますが、あくまで自然な着色です。2剤式のヘアカラーのように、薬剤でキューティクルを無理やりこじ開けるわけではありません。

正確には、「染める」というよりも「塗る」という表現が適したアイテム。なので、髪の毛の表面に邪魔な成分があると染まりにくくなります。例えば、洗い流さないトリートメントを始めとする整髪料、シリコン入りのシャンプーを使っていたなんて場合も、髪がコーティングされている可能性が高いので要チェックです。

この場合は、二度洗いがおすすめ。白髪染めシャンプー(普通のシャンプーでも可)を少量手に取りシャンプーします。頭皮は洗う必要はなく、あくまで髪のコーティングを落とすことを目的としたシャンプーです。その後、通常通りの白髪染めシャンプーをすれば、染まりを阻害する要因を取り除くことができます。

■ちょっとの放置時間

白髪染めシャンプーの泡は、少しだけ放置することで変わります。色にもよりますが、茶色系だったものが白い泡に。これは、放置することによって白髪染めシャンプーに含まれている着色成分が髪を色づけるからです。

※放置前後の泡の変化(スライド2枚)


逆に言うと、泡立ててササッと洗い流してしまうと、染まらない要因になるということ。もちろん、10分も20分も放置するのはナンセンスなので、お風呂でやること(体を洗う・湯船につかるなど)の合間を利用して時間を作りたいところです。

ミャーオミャーオ

ほんとに変わるのぉ??

ねーさんねーさん

うん。結構違うわね。
試しに、放置時間あり・なしで白髪染めシャンプーを使ってみたんだけど…。
やっぱり放置時間を取ったほうが色づきがいいのよ。

白髪染めシャンプー使用後の色変化

ニャーオニャーオ

確かに、放置時間なしだとほとんど変わってないのに、その後、放置時間ありだと色が少しずつついてる感じっス

使い方のちょっとした違いですが、白髪染めシャンプーの染まり具合に不満な方は是非試してみて下さい。
※使用したのは「利尻カラーシャンプーのライトブラウン」です。

染まっていないと諦めない-白髪はいろんな環境で違って見えるもの

ねーさんねーさん

結局のところ、少しずつ染めていくわけだから、1回の変化をチェックしてたら大変なのよね。
全然染まってないと思っても、実は色づいてるなんてことはあるし…。
下の写真みたいに、背景の色によって違う色に見えたりするわけよ。

白髪染めシャンプーを使った白髪の染まり具合

ニャーオニャーオ

白髪は太陽の光や電球の種類によってもギラ付きが変わりますもんね。
念の為、Gif動画でも見てもらうっス

白髪の見え方比較:黒背景と白背景

ニャーオニャーオ

まるでミクロの世界。
でも、周囲に分からないように少しずつ白髪ケアしたい人には合ってると思うっス

ねーさんねーさん

白髪染めシャンプーには、良いところも悪いところもあります。
そして、「全然染まってない!!」と思ってしまいがちなのが悪いところの1つ。
ただ、正しいやり方で使えば、少しずつ自然に白髪を隠すことが可能になります。

ニャーオニャーオ

1本買ったら使い切ってから判断するくらいがちょうどいいのかもしれませんっス