【意外と多くてやること満載!!】白髪ケアの情報を掲載した本6冊の比較紹介・概要まとめ

白髪をケアするための「具体的な方法」を見つけるのは意外と苦労するものです。
それは、白髪を黒くする「確実な方法がない」ということも影響しているでしょうし、役立つ情報そのものを見つけることができないというケースもあると思います。
すぐに効果を実感できるわけでもないので、続けるのも根気がいりますし…。

とは言え、何もしなければ、このまま白髪が増えてしまうだけ。
そんな状況を打開するきっかけとして、「本に掲載されている情報」を活用するのも1つの選択肢だと思います。

世の中では、「白髪は生えてきたら終わり」という印象が強く、諦めてしまいがち。
でも、何かしらの対処ができるならダメ元でもいいからやってみるべきなのかもしれません。

ねーさんねーさん

そんなわけで、このページでは白髪ケアについての情報を掲載している本をピックアップしてみます。

薄毛・白髪に効く!「白ごま油うがい」

白ごま油うがい

発行所 株式会社オレンジページ
監修 蓮村誠(医学博士・マハリシ南青山プライムクリニック院長
初版発行 2016年10月27日
本の概要を表示する
株式会社オレンジページから発行されている、白ごま油を使った白髪ケアを取り上げた一冊です。
ごま油というと、料理で使う香りの強い褐色の油をイメージしてしまいがちですが、白ごま油はちょっと違います。
無味無臭で「サラッとしていてベタつかず、みるみる肌へ浸透」という本の情報通り、素人の私でも簡単に扱いやすいアイテムです。

購入した白ごま油

「白ごまってどこで売ってるの?」と思ったのですが、スーパーに普通に売っていました。
価格もリーズナブルなので、実践に踏み切るまでのハードルは低いのではないかと…。

「市販の白ごま油」を「若返り白ごま油」にする!!

この本では白髪をケアする色々な情報が掲載されていますが、基本的には買ってきた白ごま油を「若返り白ごま油」へ調理する必要があります。調理と言っても、温度に気をつけて温めるだけ。それを、容器に移して使うという簡単な作業です。

若返り白ごま油の写真

ニャーオニャーオ

温度に気をつけるだけなので簡単っス

この本には、白ごま油を使った色々な白髪ケア方法が掲載されていますが、基本的にはこの「若返り白ごま油」を使うことになります。

「購入した白ごま油をそのまま使っちゃダメなの?」
「若返り白ごま油への処理が面倒くさい。単純な処理だけどこの手順を省略したい」

私は最初、こんな風に思ったのですが、若返り白ごま油にすることで浸透力が違ってくるのだとか…。
ちなみに、肌への浸透率については、6種類の油を使って比較紹介されています(P24)。

一番簡単な白ごま油うがい-1日1回でOK!!

この本の中に掲載されていることを全部実践しようとすると結構大変です。
なので、一番シンプルな「白ごま油うがい」から始めるのが良いかと…。

油でうがいというと、口の中がヌメヌメになるようなイメージしか湧かないという人も多いのではないでしょうか。

ただ、実際にやってみると終わった後は驚くほどさっぱりします。
油っぽい料理を食べた後の方がよっぽどヌメヌメしている感じ。

「若返り白ごま油」を一回作っておけば、うがい自体は簡単にできます。
しかも、1日1回でOKなので、続けるのもそんなに難しくありません。

ニャーオニャーオ

ちなみに、このうがいで効果を感じない人の対処法についても掲載されています(P34)。

その他のケア方法と概要紹介

この本には、「白ごま油うがい」以外にも色々な方法が紹介されています。

薄毛・白髪に効く!「白ごま油うがい」の目次

ニャーオニャーオ

基本的には、インドの伝承医療アーユルヴェーダに基づいた方法っス。
いくつかピックアップしてみるっス。

■若返り白ごま油ヘッドマッサージ(P26)
■若返り白ごま油スペシャルトリートメント(P28)
■ストレス性白髪に…ピッチタラナ(P30)
■髪の老化を進める魔のNG習慣(P39)
■めぐりをスムーズにする白湯(P40)
■めぐりの邪魔者をオフ…舌掃除(P43)

白ごま油を使った方法を中心に、色々な面からのケアができる情報が掲載された一冊です。

>>amazonで見てみる

薄毛・白髪に黒髪フサフサ!

薄毛・白髪に黒髪フサフサ

発行所 株式会社マキノ出版
初版発行 平成28年10月9日
本の概要を表示する
株式会社マキノ出版から発行されている本。
白髪だけではなく、薄毛や抜け毛など健康な黒髪を取り戻すための情報・対処法が掲載されています。

髪の健康についての情報を総合的に掲載しているため、白髪についての情報はちょっと少なめ。
日頃のシャンプーを取り扱っていたり、栄養に関する食材について記載されていたりと、体の内側・外側の両方からのケアについて取り扱っています。
白髪だけ…というよりは、髪の健康を総合的に見直したい人におすすめ。

ただ、水シャンプーや塩洗髪など、ちょっと取り組みにくい項目もあります。
また、センブリ水やバナナハニーなど、食材をそのまま使うというよりは、ひと手間加える必要のある項目もあるので、ちょっと手間かもしれません。

はちみつを最大限に活用した対処法

白髪に対しての方法でピックアップしておきたいのは、はちみつを使った対処法です。

1つ目はバナナハニー。バナナとはちみつを混ぜたものを使い、頭皮マッサージをするという方法です(詳細はP25)。90歳の白髪頭に黒髪が出現したというこの方法は、中医学の知識を参考に編み出されたものなんだとか。とても興味深い方法ではありますが、バナナとはちみつを頭皮に…というイメージを払拭する必要はあるかと。

また、頭皮に塗るのではなく食べることでケアする方法では、黒ごまとはちみつを混ぜるやり方も紹介されています(黒ごまハニー:P57)。こちらは、トーストなどに塗ることで実践はしやすいかもしれません。

>>amazonで見てみる

薄毛・白髪に黒髪が復活!

薄毛・白髪に黒髪が復活!

発行所 株式会社マキノ出版
発行日 平成28年4月21日(5刷)
本の概要を表示する
こちらもマキノ出版から発行されている本。前段で紹介した「薄毛・白髪に黒髪フサフサ!」と同じシリーズっぽい感じです。内容も重複している部分があるので、実践してみるならどちらか一方をやってみるという進め方が良いのではないかと…。

なお、こちらの本も、白髪だけに特化しているというわけではなく、薄毛・育毛など髪のケアを総合的に行える情報が掲載されています。黒ごまハニーなどを始めとする「黒ごま」を体の内側からのケア方法に加え、割り箸を口にのせる頭皮の血行改善法、耳たぶまわしやストレッチなど、その項目は多岐にわたります。

>>amazonで見てみる

女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法

女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法

発行所 株式会社PHP研究所
発行日 2017年2月17日
本の概要を表示する
株式会社PHP研究所から発行されている本。AGAクリニックの指導医経験もある著者の髙橋栄里さんは、毛髪と美容のプロフェッショナルとして活躍中なんだとか。本書の内容は、白髪に特化したものではなく、髪の毛の仕組みや主成分、ホルモンとの関係など基本的な知識を網羅した印象。

白髪のためにできること…という実践的な内容ではなく、どちらかというと「読み物」寄りなのではないかと感じています。白髪について言うならば、ケアする方法ではなく、目立たなくなるための工夫や、白髪染めの説明などが掲載されています。

>>amazonで見てみる

白髪は体の赤信号

白髪は体の赤信号

発行所 株式会社主婦の友
発行日 昭和57年10月8日
本の概要を表示する
初版の発行が昭和57年という古い本。白髪の仕組みや対処法などを漢方の知識に即して解説しています。
古い情報が参考になるのか…という疑問もあると思いますし、実際に漢方用語が使われていたりして読みづらい部分もあります。

とは言うものの、昔から良いと言われているものは多くの人が検証してきた結果が反映されているわけで、あながちバカにできない内容と言えます。まぁ、手っ取り早くできることをまとめた本ではないので、読むのも実践するのも時間がかかります。また、対処法も「今風」ではないので、ちょっと抵抗があるかもしれません。
一番最初に読むべき…とは言えませんが、白髪についての色々な考え方を知ることができるので、時間があれば読んでみては?ってな感じです。

>>amazonで見てみる

白髪はこれで治せる

白髪はこれで治せる

発行所 リヨン社
発行日 昭和57年10月25日
本の概要を表示する
こちらも発行日が昭和と、とても古い本。漢方で使われている用語をメインに説明されている「読み物」的な一冊です。
前段で紹介した「白髪は体の赤信号」と内容的には似ています。

おすすめかどうか聞かれると…ちょっと悩むところです。読むのが大変だし、聞き慣れない言葉があるので面倒臭くなる可能性もあります。ただ、体のめぐりや血の重要性については勉強になることが多いので、読んで損というわけでもないと思います。時間があってじっくり知識を取り入れたい人には良いかもしれません。

>>amazonで見てみる

まとめ~本から得る知識もある

ここまで、白髪の改善について取り扱った本を紹介してきました。
「本」と一言で言っても、イラスト付きの実践しやすい本や、文字中心の読み物的な本まで色々。発行された時代もマチマチなので、一概に評価することは難しいです。実践できるかどうか(実践する時間があるかどうか)も人によって違いますし…。

とは言うものの、「年齢」や「遺伝」など、白髪は生えてきたらどうにもならないという固定観念を持ってしまいがちな現代の私たちにとって役立つ知識も掲載されています。それらを参考に、白髪ケアに取り組んでみるのも1つの選択肢。自分の生活スタイルや食生活の問題点を見直すきっかけにもなるので、やってみて損はないと思います。